自葬とは

[自葬]という語句を辞書(ウェブを含む)で見てみると、『僧侶や神官に依頼せず、自分で親族の葬儀を行うこと』という説明が出てきます。
自由葬、無宗教葬とも呼ぶようです。

また、『明治5年(1872年)6月28日、太政官から自葬の禁止令が出された』との記載もありました。
かつて葬儀は僧侶・神官が執り行わなければならないことだったわけです、慣習としてではなく、法的に。

– – – – – – –

【太政官布告:だじょうかんふこく】

明治維新後、太政官の発した法令の形式。
明治19年(1886年)内閣制度の発足により廃止されたが、現行の日本国憲法に反していない限りは現在も有効。

– – – – – – –

現在は日本国憲法第3章第20条で信教の自由が挙げられているため、葬儀に僧侶・神官の介在が必須ということはなくなりました。

考えようでは明治5年の自葬の禁止令が、現在、俗に『葬式仏教』と多少の揶揄を込めて言われる一因となってしまったのかもしれません。

日頃は特に信心しているわけではなくとも、葬儀となると、宗派は何だったか、菩提寺はどこだったかと、急に考え出してしまいます。
しかし、自葬の禁止令が出されたのは約150年前であるうえ、すでに今はその禁止令も無効です。
かつて禁止令が出されたということは、つまり、それ以前には行われていたということを意味しています。

こういうときばかり◇◇宗というのも如何なものかと思う方々には、自葬も選択可能であるということを提案致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です